ブロードバンドの普及によって、テキストと静止画が中心だったホームページの世界も、だいぶ様変わりしてきました。以前にも増して、視覚的に訴え、インパクトを与えるようなホームページを希望する企業が増えています。

そういった状況で活躍し始めたのが、これまで多数のCM制作などを手がけてきたような、映像系の制作会社です。
彼らは当然ながら、ユーザビリティやSEOを重視するホームページよりも、テレビCMと連動したようなキャンペーンサイト制作や、画面いっぱいに動画をフル活用して、どちらかというとインタラクティブなテレビといった趣のホームページを作る際に、その力を大きく発揮します。

アニメーション制作は、通常のホームページ制作とは全く違う演出と制作能力が求められます。シナリオからキャラクターの設定、絵コンテ、スキャニング、撮影、編集、アフレコというような過程は、ホームページ制作の過程とは、だいぶ異なるのです。その辺のノウハウが、映像系の制作会社の強みです。

またこういった制作会社が活躍し始めた要因に、ブロードバンドの普及とともに、WEB技術の進化もあげられます。
特に、HTML5の登場によって、ブラウザで扱える動画の形式が増えました。これによって、以前では考えられないような動画を使ったリッチコンテンツが頻繁に見られるようになってきています。

PAGETOPへ