HOME > ホームページ制作会社の選び方 > 選び方ポイント5:担当者

選び方ポイント5:担当者

ホームページ制作会社を選ぶ最も重要なポイントは、実はホームページ制作会社と自社の窓口になる制作側の担当者だと言っても過言ではありません。
「え!ホームページ制作は、我社にとって大変重要なことなのに、担当者で決めるなんて、もっと技術的なことを選ぶ基準にしたい」と思うかもしれません。
しかし、ホームページを立ち上げることは、ホームページ制作会社もクライアント企業も、想像している以上にエネルギーが必要になります。長い時間のお付き合いになり、1つのホームページが立ち上がるまでのコミュニケーションの時間は相当なものです。メールであれば、300~500回のやりとり、という事も普通です。それだけ担当者同士で蜜にコミュニケーションをとらなければ希望のホームページを制作することができません。ですから、ホームページ制作会社の担当者と意思疎通がしやすいか、信頼できるかどうか、自社のためにどのくらい動いてくれそうか、ということはとても大事な要素となります。

実績豊富な大きな制作会社でも、数々の修羅場をくぐってきたベテランから、大学を卒業したばかりの新人まで、いろんな人がいます。大きなホームページ制作会社に依頼したので大丈夫だろうと安心していたのに、経験の少ない担当者にあたってしまった。案の定、経験が少ないためにこちらの意向をなかなか汲み取ってもらえず、トラブルの対処にも時間がかかり、ホームページによる売り上げも伸びない、というような事になるかもしれません。
しかし、反対に若いから、熱意をもって、一生懸命取り組んでくれるかもしれません。熱意は、経験のないことによる未熟さも十分カバーすることができることがあります。

また、大きなホームページ制作会社から独立し、小さな事務所でホームページ制作会社を始めたばかりの人でも、前の職場でしっかり経験を積んでいるため、知識はもちろん、経験によって築かれた人間性は信頼でき、最終的に本当に良いホームページができあがるかもしれません。

つまり、ホームページ制作会社の担当者が、どのくらいの経験を持っているのか、どのくらい熱意のある人なのか、自分と人間的に合うのか、ということがとても大切なポイントになります。
いくらインターネットとはいっても、最後は人間同士です。ホームページ制作会社は、ホームページ制作を依頼する会社の下請けではなく、パートナーとして考えると、そのことがより理解していただけるのではないでしょうか。

PAGETOPへ