HOME > ホームページ制作会社の選び方 > 選び方ポイント1:会社の規模

選び方ポイント1:会社の規模

ホームページ制作会社は、大規模な会社から一人で運営している会社まで様々です。だったら大規模な会社の方が良いのかといえば、一概にそうとは言えません。


病院にたとえるとわかりやすいかもしれません。大病院は、大勢のスタッフがそれぞれ、「内科」「外科」「皮膚科」などの専門分野に分かれ、またその中でさらに仕事を細分化しています。財界の大物もその病院で手術を受けた、というような実績も多くもっています。私たちが診てもらうためには、紹介状などが必要になります。しかし、どんな場合でも大病院へ行く方が良いかといえば、そういうわけではないですよね。町医者、あるいは市民病院で患者の症状をよく聞いてくれる方が良い場合もあります。
ホームページ制作会社も大規模な会社になると、無名の会社のホームページ制作を請け負う、というような事はよほど多くの予算を打ち出さない限り難しい場合が多いです。

理由は、1つのホームページを制作するために必要な手間が、中小企業でも大企業でもたいして変わりないわりに、そこにかける予算に中小企業と大企業ではかなり開きがあるからです。
当たり前ですが、会社が大きければ大きいほど、会社を維持してゆくためにも、ある程度予算の大きなプロジェクトを効率良く進めていかなくてはなりません。大きな会社が非効率なプロジェクトを抱えたがらないのも当然と言えます。

また、予算以外にもう1つ理由があります。それは、ネームバリューのあるクライアント名がポートフォリオ(制作会社の実績リスト)にあると、信頼のおけるホームページ制作会社である、ということになって、また他の大きな仕事へと繋がっていくという点です。
ということは、これを読んでいるあなたが大手企業であるならば、大規模なホームページ制作会社にどんどん声をかけてみると良いと言えます。あなたの会社が著名な企業であればあるほど、エース級の担当者をつけてくれるはずです。
逆に、中小企業の場合は、あまり大規模なホームページ制作会社よりも、規模の目安としては、5~30人程度の会社が良い結果が得られるかもしれません。

基本的にはホームページ制作のすべてを1人でやっているようなホームページ制作会社は避けるべきです。やはり良いホームページを制作するならば、WebディレクターやWebデザイナー、HTMLコーダーといったそれぞれの業務におけるスペシャリストがチームを組んでやっているというのが前提として考えられます。もちろん、SOHOで小規模にやっているという人に依頼してはいけないことはありません。しかし、その場合は、どの程度の実績があるか、個人でも、仲間などと組んでチームで仕事をすることが可能なのか、自社の要求、たとえばSEOなどの技術の必要性といったことも、満たしたホームページ制作を望めるのか、最初に見極める必要があります。

ホームページ制作会社として名乗るためには、特別な資格がいるわけではありません。そのため、少し専門学校で勉強した程度の人が、ホームページ制作会社を名乗っている場合もあります。そういうホームページ制作会社は、極端に安い料金を提示してくるかもしれません。しかし料金が安ければよいというものではなく、安かろう悪かろうにならないように、そのホームページ制作会社の実績や技術力などをよく検討した上で発注しなくてはなりません。

PAGETOPへ